身体障害者でも契約することは可能か?

身体障害者でも契約することは可能か?
「身体障害者も借り入れ可能!」です。

知っていましたか?

身障者の方でも健常者と同様に借入は可能なんです。
心強いですよね。
ただ、その障害の度合いや症状によって、契約が困難な場合があるのも正直なところです。

契約が困難になるケースについてお話しましょう。
それは、「全盲者」です。
非難せずに聞いてください。
これには、きっちりとした理由があります。

それは、自分自身で契約書を読んで理解することが不可能という理由です。
点字による契約書を各貸金業者用意がすることはなかなか難しいようです。
ですが、耳が不自由な「難聴者」の場合は、契約書の読解が可能なので、契約が成立する場合が多くなります。

身障者の契約ができる基準としては、「たとえ親族であっても第三者の助力を一切必要とせず、契約者自身で契約内容を読解し、理解することが可能か否か」ということが大切なポイントになります。

点字の契約書、出きればいいですねよね!
カードローン 比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。