歯周病について

ひとことで,「歯周病」といってもさまざまなタイプがあります。
歯周病は歯の表面につくプラーク、歯垢(細菌の塊り)によっておこる文字通り、「歯の周りの病気」です。

歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎と、
歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎の分けられます。

世間一般で言われている歯槽膿漏は、成人性歯周炎をいいますが歯周病には、
その症状、病態によっていろいろな種類があります。
歯周病は、国民のほとんどが罹患する可能性の高い、病気といえます。
入れ歯になる最大の原因も歯周病です。
歯周病

ネットキャッシングについて

ネットキャッシングとは、業者に出向くことなく、ネット上でキャッシングできる便利なシステムです。面倒な手続きや審査が、自宅にいながら簡単に済ませることができます。基本的には、無担保融資の業者が多いようです。

最近では、携帯電話でのネットキャッシングも簡単にできるようになり、さらに需要は増えていくようです。ネットキャッシングには必ず利息がかかります。利息は融資額と返済額によって変動します。

審査は、住所などの基本的な個人情報と、借入れ状況や返済履歴を証明できるものが必要になります。借入れ状況や過去の返済履歴によっては、ネットキャッシングを断られるケースもあります。

必要書類は、本人確認ができる免許所またはそれに代わるものと、融資額によっては、源泉徴収票やなどの税務書類が必要になる場合もございます。
ネット キャッシング

実質年率について

支払利息以外の全ての支払い(手数料や印紙代など)の合計額を年率で換算したもの。ローンの場合は、一般的には、金利に保証料を加えたものが実質年率に相当し、例えば、金利(表面金利)2.5%、保証料1.5%の場合は、実質年率は4.0%になります。消費者金融会社の場合、金利は実質年率で表示するよう定められていますが、利率については、日頃から実質年率を意識して比較検討することが重要です。
即日キャッシング

身体障害者でも契約することは可能か?

身体障害者でも契約することは可能か?
「身体障害者も借り入れ可能!」です。

知っていましたか?

身障者の方でも健常者と同様に借入は可能なんです。
心強いですよね。
ただ、その障害の度合いや症状によって、契約が困難な場合があるのも正直なところです。

契約が困難になるケースについてお話しましょう。
それは、「全盲者」です。
非難せずに聞いてください。
これには、きっちりとした理由があります。

それは、自分自身で契約書を読んで理解することが不可能という理由です。
点字による契約書を各貸金業者用意がすることはなかなか難しいようです。
ですが、耳が不自由な「難聴者」の場合は、契約書の読解が可能なので、契約が成立する場合が多くなります。

身障者の契約ができる基準としては、「たとえ親族であっても第三者の助力を一切必要とせず、契約者自身で契約内容を読解し、理解することが可能か否か」ということが大切なポイントになります。

点字の契約書、出きればいいですねよね!
カードローン 比較

キャッシュバックについて

クレジットカードのショッピング枠を利用し各社指定のキャッシュバック付商品を購入します。その購入額に対して即日、翌日、1週間後に指定口座に現金をキャッシュバックするという現金化サービスのことです。
クレジットカードには、品物を購入する場合の、「ショッピング枠」と現金の融資ができる「キャッシング枠」があり「ショッピング枠」は「キャッシング枠」に比べ、利率が低く設定されていますので、キャッシング枠で融資を受けるよりもメリットがあるといえます。
クレジットカード申込

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。